大阪市中央区北浜 デトックス&ヘッドリラクゼーションサロン「アルパン」

header_logo_03
title_icon_03

About Hnenna

ヘナについて正しい知識を

現在の日本のヘナを取り巻く環境は、
提供、施術をする側の知識、見識に頼ることしか出来ないのが現状です。

今現在、オーガニックブームに乗り、色々な場所でヘナが提供されていますが、利益優先で作られた、ヘナとは名ばかりの物も少なからず存在しています。
施術されるそのヘナは良心に基づいているか?提供と施術をする側がヘナについてどれだけ学んでいるか、経験しているか、はとても大切な判断材料ではないでしょうか。

日本ではヘナを含むアーユルヴェーダは、漢方のように資格を要するカテゴリーには属していませんが、世界的な観点では予防医学の考え方を重視したメソッドで、世界保健機構(WHO)が正式に奨励している医学です。

インドでは現代医学の医師と同じく、5年半大学で現代医学とアーユルヴェーダの両方を学び、インターンを経て国家資格を取得したアーユルヴェーダ医師がヘナを含めたアーユルヴェーダの治療行為を行っています。

ヘナの本来の目的は体と心を健やかに保つウェルネス(※1) です。

もし、ヘアカラーを目的とした場合ですと、黒髪はご希望の色に染まりませんが髪にツヤ、ハリ、コシはでます。白髪を染める場合、白髪はヘナ特有の明るい色に染まります。
全ての方に対してヘナの全ての成分が有益に働くといったものではありません。
ごくまれに体調、体質によりヘナが合わない方もおられます。(カウンセリング時にアドバイスをさせていただきます)
これらをご理解のうえ、カウンセリングをお受けいただければ幸いです。

※1 ウェルネス
世界保健機関 (WHO) が国際的に提示した、「健康」の定義をより踏み込んで、そして広範囲な視点から見た健康観を意味します。

title_icon_04

Ayurveda and Henna

アーユルヴェーダとヘナ

インドでヘナは湿布から煎じ薬まで幅広く使われてきました。

インドの古典的なアーユルヴェーダ教典のひとつ、ドゥラヴーヤ・グナ・ヴィグニャン※2 にはヘナは余分な湿気を吸い取り、冷やす性質を持った植物である。
利尿作用に優れている。
体内の水・火・土の増加を抑える。熱や炎症、皮膚病、苦痛を緩和し、傷跡を消す作用がある。血液の異常や睡眠障害に有効である。
と書かれています。日本では植物性のヘアカラーと思われがちなヘナですが、インドやスリランカでは健康を維持し病気を防ぐ予防医学であり、また治療行為の一環として古くから行われてれていて、不妊の牛などに食べさせていた植物です。

ヘナのオレンジ色を発色させる天然のナフトキノン誘導体は薬理活性(薬として有効な成分)を有しており、抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗生物質、殺虫剤、抗炎症、解熱作用、鎮痛などの効能を持っています。ナフトキノンを含有する植物はインドや中国、南アメリカの国々では腫瘍や寄生虫による症状の治療に広く用いられており、日本では生薬の紫根という植物に含まれています。ヘナの樹脂を医師の処方で煎じて服用すれば腸内の環境を整える・咽頭炎のうがい薬・肝臓障害を軽減し、肝臓機能を高める作用があり、高品質なヘナの成分は、身体内外の様々なトラブルに対して有益であるという研究がなされています。

※2 ドゥラヴーヤ・グナ・ヴィグニャン
サンスクリット語でドゥラヴーヤは薬用効果、グナは性質、ヴィグニャンは科学という意味です。 現在もインドの医科大学及び薬科大学でアーユルヴェーダのハーブ医学教本として採用されています。

title_icon_06

Henna, herb, oil used in Arpan

Arpanで使用するヘナ、ハーブ、オイル

Arpanで使用するヘナ、ハーブ、オイルは、私の体に使いたい 100%オーガニックのものだけを使用しています。

Arpanのヘナは私がパティル・シーマ師と直接インドへ出向き、ヘナ工場を11軒回り、土壌、栽培、生成、製造工程を詳細にチェックし、自分の体のために使いたいと思う物だけを直接仕入れています。

生産現場の中には、農薬などの化学物質、土壌改良材にまみれた粗雑な環境で栽培されたヘナや、効能には関係のない茎や根、土までも一緒に粉砕、出荷する工場もありました。

ヘナ自体はオーガニックでも同じ釜でケミカル成分の入った他の商品を製造していたり、カビ防止剤や、染毛を目的に化学物質の染料や触媒を添加している会社もありました。
近年になって日本の法律でもようやく雑貨扱いのヘナが禁止になりましたが、並行輸入品ではそのようなヘナも未だたくさん日本に入ってきています。

そういったヘナは時に頭皮トラブルやアレルギー反応を引き起こしますが、施術された人は「ヘナなのに(オーガニックなのに)頭皮にトラブルが出た」と感じてしまうでしょう。

Arpanのヘナは化学肥料を一切使っていない自然なままの土壌で、雨水など自然の恵みのみで栽培されています。
そのヘナはインドのラジャスタン地方で丹念に育てられ、一年に一度、もっとも品質が高まる秋に収穫される葉のみを使用しています。

全てのハーブ、オイル、クリームは安全で安心してお客様に提供できる物だけを使用しています。

土壌の悪い農場、化学薬品を使った粗悪なヘナの生産・管理。

※オーガニック100%植物成分であっても体質や体調により、からだに合わない場合もございます。